カラーリングガイド

建物カラーリングの基本

外壁塗装を行う際に悩むのがカラーリングです。実に様々なカラーの組み合わせがあり、いざ色を決めようと思っても、悩みの多さに気づかれるかと思います。
​ペイントジャックではお客様の思ったとおりの色彩配色が可能となるための独自のシステムを導入しております。

 カラーの基本 色相・明度・彩度

色は3つの属性で構成されています。色相とは色の系統のことで、たとえば、「青」や、「赤」などのように色の系統を決定するものです。
明度とは色の明るさを表します。明度が高くなると明るくなり、低くなると暗くなります。
彩度とは鮮やかさをあらわします。
​これらを理解することにより、打ち合わせの際に「もう少し明度を落として」「もう少し鮮やかにして」などと打ち合わせがスムーズにいくことでしょう。

 カラー決定の基本

色は見本帳だけで決めないことが重要です。塗料メーカーはよく使われる、失敗の少ない無難な色をピックアップした標準色を決定しています。カラー選択の際にこの標準色を使った色見本だけで決めないほうが良いとされています。小さな見本だと微妙な違いに気づきにくく、また濃ゆく見えがちです。色彩を決定する際はこの見本帳を元に2,3色程度に絞り込み、カラーシュミレーションの作成を依頼し、その後に見本板の作成を頼むのが良いでしょう。A4用紙程度の大きさで塗ったときとのイメージの違いが起こりにくい点、実際に施工で用いる塗料を使用しているので光沢などの確認ができるなどのメリットがあります。
​カラー決定はサッシやタイルなどのように塗装を行わない部分を意識する必要があります。たとえば1Fが赤いタイルのお宅の2Fに青系の色相の塗料はおすすめできません。また、茶色いサッシのお宅に青系の色相の塗料はおすすめできません。

 カラー決定で注意すること

真っ白なカラーは人気ではありますが非常に汚れやすいカラーのひとつ。鹿児島は降灰の影響もあり、他県に比べて汚れやすい傾向にあります。白系がお好みでしたら少し明度の低い塗料をおすすめしております。
​濃い色(彩度の高い色)は退色しやすい傾向にあります。また景観を害してしまう可能性があるので注意しましょう。

ペイントジャックの流れ

↓着工前
↓(画像は開発段階のものです)
↓仕上がり
完了

まず、お客様のカラーイメージをマイページの「配色決定プロセス」でお伝えしてもらいます。
私達はお客様のイメージを元に現地調査を行い、お客様のイメージが再現可能かどうか、よりよいデザインが提案できないか等を確認します。

現地調査を実行し、配色決定プロセスの内容についても併せて調査を行います。配色決定プロセスに関する調査は、主にお客様の希望するデザインの[再現可能性]、周辺建物等とお客様希望デザインとの[調和性]、建物と希望カラーの[親和性]などを確認します。

現地調査及び、配色決定プロセスの内容に基づいてカラーシミュレーションを作成します。
カラーシミュレーションの流れは、まず、お客様のご希望と現地調査を踏まえたカラーシミュレーション画像を作成し、お客様にご確認いただきます。

作成したカラーシミュレーションは2回まで無料で修正が可能です。3回目以降は別途料金が発生しますのでご注意ください。

 カラーシュミレーション

3例まで無料(4例目以降配色パターンの変更5,000円カラーの変更3,000円)

カラーシミュレーションは失敗のないカラー決定の強力なパートナーです。写真を加工して施工後のイメージ写真を作ることにより、より探し求めていたカラーに出会えることでしょう。しかし注意点があり、カラーシミュレーションで作成した画像のカラーと、実際に施工で使用する塗料のカラーと異なることがあること、コストがかかってしまうことなどがあります。あくまでも大まかなイメージが作成できるにとどまり、頼りすぎないようにする必要があります。

 見本板

標準色:無料 特注色:有料(2,000円)

いよいよカラーが決定間近になると必要なことは最終確認です。見本板だと実際に外壁にあててみてイメージ通りか確認することが出来ます。また、実際に使用する材料で作成しておりますのでWEBではわからなかった艶の感覚や質感を得ることができます。



お見積り・工事について分からないことはありませんか?

ライブチャットで質問してみましょう。お困りごとが解決できるかもしれません。

最近の記事

  1. 塗装試験板(施工ブログについて)

  2. スレート(コロニアル)の差し替え

  3. 【鹿児島】塗装工事の費用相場

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは