外壁塗装パックの詳細

外壁塗装パックについて


塗料のグレードとは

外壁塗装に使用される塗料は、下地を調整し、上塗り塗料との密着性を向上させるための【下塗り塗料】と、下地、および下塗り塗料などを紫外線や降雨等から保護するための【上塗り塗料】とに大別されます。このうち、アクリルやシリコンなどのグレードは【上塗り塗料】の分類になります。
グレードは、主にアクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素などが存在し、耐久年数やコストなどからランク付けされ、【ウレタン塗装プラン】や、【シリコン塗装プラン】などとしてプランが準備されている場合があります。

各グレードの特徴

グレード耐久年数特徴
アクリル塗料5~7年安価・旧来的
ウレタン塗料8~10年付帯部等に使用される・柔軟
シリコン塗料10~13年現在の主流塗料・艶が良い
ラジカル塗料12~15年次世代トレンド・高コスパ
フッ素塗料15~20年高耐久・塗膜硬度が高い・高額
上記のほか、無機塗料や光触媒塗料、セラミック塗料など様々なグレードがあるが、注意が必要。

ペイントジャックはラジカルプランのみ

ラジカル塗料(正確にはラジカル制御形塗料)はシリコングレードと同等程度の価格帯ながら、シリコングレードよりも高い耐久性が期待でき高コスパであること、良好な作業性であって、かつ、水性塗料であることなどの様々な条件を満たした優秀な塗料であることから、ペイントジャックではラジカルグレードプランのみを採用しております。

大手塗料メーカー各社がそれぞれ能力に遜色のないラジカル塗料提供しておりますが、そのうち日本ペイントのラジカル塗料のパーフェクトトップをはじめとするパーフェクトシリーズの下塗り専用塗料のパーフェクトサーフ、パーフェクトフィラー等が非常に優れているため、ペイントジャックでは塗料のメーカー統一性の観点からパーフェクトトップを採用しております。

7年前にパーフェクトトップで塗装した建物
わずかなチョーキングが確認できたが良好な状態であった

外壁塗装工事単価表

※表示料金は税別です。
※表示料金は35坪の場合の料金です。
※外壁の仕上げの塗膜がリシンの場合、上記料金に加えて1坪あたり、250円が加算されます。
※既存の塗膜の塗料の吸込みが著しい場合、上記料金に加えて1坪あたり500円が加算されます。

お客様の建物の施工料金の概算が知りたい場合は【料金シミュレーター】がオススメです。実際の工事料金に近いシミュレーション結果が算出できます。


外壁塗装パックの料金のちがい

ペイントジャックの外壁塗装プランはラジカルプランのみです。では、なぜ上の図のように料金が異なるのでしょうか。

外壁の種類や状態に応じた最適な下塗塗料選択

ペイントジャックでは建物の外壁の種類や劣化状態に応じて適切な下塗り塗料が選択され、選択された下塗り塗料に応じて料金が変動します。

外壁塗装は原則3回塗りです。最初に塗装される塗料が下塗り専用塗料です。ペイントジャックでは外壁の種類や劣化状態に応じるため、さまざまな下塗り塗料を準備しております。通常これらは外壁の状態によって決定するため、お客様のご希望やご予算に応じれない場合があります。※

※フィラー平滑からフィラーなみがたまたはフィラーなみがたからフィラー平滑への変更を除く。(フィラー・・・下塗り塗料の種類)

上塗り塗料はラジカル塗料プランのみ。(左官仕上げ外壁を除く)

付帯部塗装とは

付帯部の定義

ペイントジャックにおける付帯部とは建物に付帯する、雨樋・水切り・軒天・破風等であって、建物に付属し、独立して機能するウッドデッキ・ポスト等及び特殊な塗料を要するものを除くものと定義しております。

付帯部に該当する箇所については外壁塗装パックに含まれます。詳しくは、現地調査時に発行する【付帯部塗装箇所確認シート】をご覧ください。

付帯部に関する注意事項
・付帯部の素材によっては塗装できない場合があります。
・付帯部塗装箇所が、通常想定される量を超越していると担当者が判断した場合、別途料金が発生する場合があります。
・付帯部に該当する雨戸等が吹付作業を要する場合(小波形状雨戸板金)別途料金が発生する場合があります。
・特殊な塗料を必要とする場合は別途料金が発生する場合があります。

軽度補修とは

軽度補修とは軽度の補修工事を指し、5ミリ以下の軽度クラックや軽度のサビ撤去およびサビ止め塗装など、当社規定の単位の外壁6ポイントの作業に収まる作業を指します。補修の程度に応じて別途費用がかかる可能性があります。(ポイントとは、人件費と材料費の合算を当社独自の規定で算出したものの単位です)

軽度補修に該当するケースとポイント(例)

軽度補修該当箇所補修内容減少ポイント
鉄部さびの除去1~2P
旧塗膜を有する外壁旧塗膜のタレの除去2P~
外壁5mm以下のクラック補修2p~
脱着可能物塗装のための脱着2p

軽度補修に該当しない場合(例)

補修箇所補修内容料金
外壁の欠損部樹脂モル等による改修30,000円
サイデイングの著しい浮き充填工法や張替え等100,000円
RC外壁の浮きエポキシ樹脂注入40,000円
旧塗膜が脆弱である場合の外壁下塗り塗装増し塗り2500円/坪
料金等は目安です。

外壁塗装料金の総額について

上記のほか、特別な条件により費用が発生する場合があります。
  • パック基本料金とは、当社規定の塗装パックを指します。
  • オプションとは別ページ記載の個別オプションで、お客様が希望する際に発生する料金です。【0円~5万円程度】
  • 配色パターンとは単色でない複雑な配色を希望する場合に発生する料金です。【0円~3万円程度】
  • 補修費用とは、建物の劣化が塗装パック規定の「軽度補修」を超越する場合に発生する料金です。【劣化程度によって異なります】


お見積り・工事について分からないことはありませんか?

ライブチャットで質問してみましょう。お困りごとが解決できるかもしれません。

最近の記事

  1. 塗装試験板(施工ブログについて)

  2. スレート(コロニアル)の差し替え

  3. 【鹿児島】塗装工事の費用相場

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは