簡単&安心の電子契約

電子契約について

 電子契約とは?

電子契約とは主にインターネット上で契約を締結することです。従来では契約を締結する際、紙と印鑑でなされていました。しかし、近年ではインターネットの普及や、各種法律の整備によって電子化が進んでいます。とは言ってもまだまだ一般ではありません。ですが、近い将来、ごく一般的な形式となるでしょう。
今のうちに電子契約を体験しましょう。ミライの予習をしましょう。
印鑑も、印紙もいりません。必要なのは、メールアドレスだけ。

従来の契約の流れ
1.契約書のひな型の準備
2.契約内容の確認、交渉
3.契約締結実務(印刷・製本・押印・印紙貼付・郵送等)
4.締結済み契約書の保管・管理(ファイリング・スキャンなど)
今までは1・2が電子化されておりました。
電子契約では、3・4を電子化することによりペーパーレス化を実現しています。

​ 電子契約のメリット

電子契約のメリットは主に以下の4つです。
1.契約締結のスピードアップ
2.コスト削減
3.コンプライアンスの強化
4.時間の節約

1.契約締結のスピードアップ​
従来の契約締結方法だと、製本、押印やお客様邸への訪問の往復、郵送などの作業で1週間程度の時間を要していました。電子契約の場合、スマートフォンやパソコンなどで作業をするだけですので早ければ5分程度の作業で契約締結を終えることが可能です。

2.コスト削減
従来の契約方法だと、郵送代やインク代、印紙代、それに訪問のための往復費用や人件費など1契約におよそ10,000円程度のコストが試算できました。電子契約の場合、これらの大半が削減され、お客様に還元することが可能です。

3.コンプライアンスの強化(法令遵守の意識強化)
今までのリフォーム業界において、契約書を交付せずに施工するケースが珍しくありませんでした。これは、お客様と施工業者互いにデメリットでしかなく、互いを信頼しあうことのみが、互いの義務の履行を裏付けていたに過ぎません。よって、ひとたび行き違いや齟齬が生じれば、信頼関係が破綻しトラブルを招来する要因ともなっておりました。
法に基づく、契約書の発行義務の遵守はもとより、施工仕様などを明記し、文章として残すことが私たちの、そしてお客様の利益に貢献するものと考えます。

4.時間の節約
​現代社会はとっても忙しい。貴重なおやすみの時間を契約の時間にあてるなんてもったいない!電子契約ならカフェでも、仕事の合間やドライブの休憩中でも、どこでも締結することができます。

おまけ
​従来の契約方法は対面でした。対面だとなんだか断りづらいもの。それで契約したとしても、「真のお客様満足」とは異なります。決して安い買い物では有りません。十分に内容を精査するべきです。電子契約なら空いた時間に十分に内容をご確認いただけます。
固定電話も携帯電話に置き換わりました。次は何が置き換わるのでしょうか。

2020年10月から不動産売買時の関係書類も電子契約化可能になる見通しです。

 電子契約締結方法

​電子契約とは、契約の締結、契約書の管理をクラウド上で行うサービスです。
お客様は無料でご利用いただけます。登録手続きなどは不要ありません。メールアドレスだけでご利用いただけます。紛失や改ざんのリスクもありません。どなたでも簡単にご利用いただけます。

PC・スマホ共通 電子契約ガイド

※別ページにリンクします。

最近の記事

  1. 塗装試験板(施工ブログについて)

  2. スレート(コロニアル)の差し替え

  3. 【鹿児島】塗装工事の費用相場

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは