屋根の遮熱塗料について

こんにちは。ペイントジャックの若松です。

今回は屋根の遮熱塗装の効果についてご説明します。

遮熱塗料とは

遮熱塗料とは、太陽の紫外線や熱を塗った塗料の膜(塗装膜)で反射し、屋根の表面温度を下げる効果のある塗料のことです。

屋根材の表面温度が下がることによって、室内の温度も下がるため、エアコン代の節約になり、省エネルギーでエコな塗料として近年は主流となっています。

遮熱塗装の効果は?

室内の気温

塗装膜である程度の熱を反射するため室内の温度が「だいたい3度程度」低く体感することができます。しかし当然クーラーいらずというわけではなく、「クーラーの効きがなんかいいな」と感じられる程度です。

気候

雨の日や曇の日は効果はありません。太陽光の熱や紫外線を反射するメカニズムのため、太陽が出ていない日は効果がありません。

季節

冬の寒さを防ぐことはできません。あまり触れられていませんが、逆に冬は温度が下がることも。でも日射角度が夏と冬とで異なるので少しではあるそうです。
鹿児島の夏の特徴として日差しの強さがあります。南国ですからね。沖縄を除き、最も遮熱塗装の恩恵が大きい地域の一つと言えます。

職人の体感

特に夏の屋根作業は、職人にとって多くの苦労があることは言うまでもありません。夏そのものの暑さに加え、屋根の反射熱、そしてなんといっても屋根から足に伝わる熱。
夏の屋根は非常に高温でなんとおよそ80℃前後。80℃といえばお湯が沸騰してぐつぐつしているぐらいの温度です。そんな屋根の上で作業していると足に熱が伝わりヒリヒリしてきます。靴を履いていてもやけどするのです。

遮熱塗装の場合

当然、屋根の作業は暑いです。ですが、普通の塗料と違い、遮熱塗料は足にほとんど熱を感じないのです。当然やけどもしませんし手で触っても耐えれる温度です。カタログのデーターなどではなく、私たち職人が体感できるからこそオススメできる塗料です。できればすべての屋根塗装の標準であってほしい程です。
※あくまでも屋根材表面温度の話です。室内温度が絶大に変わるわけではありません。

屋根材別の効果の違い

スレート(コロニアル)

効果:まあまあ

屋根材が薄いので効果が大きいです。室内の温度が体感3℃程度低く感じることができます。明るい色(白やライトグレー)の方が遮熱効果が大きいのですがやはり見える部分なので全体が引き締まって見え、汚れの目立ちにくい濃色がオススメでです。(明るい色が悪いというわけではありません)
ペイントジャックでは通常の塗装プランと遮熱塗装プランの2種類があります。コスパを優先するなら通常の塗装です。

瓦(セメント・陶器等)

効果:ほとんどない

屋根材が厚いので効果があまりないとされています。ペイントジャックでも瓦屋根の遮熱塗装プランはご用意しておりません。

金属(ガルバ・トタン)

効果:かなり

金属屋根の遮熱塗装が一番効果があります。ペイントジャックでは金属屋根の塗装プランは遮熱塗装しかありません。金属屋根の多くは外から見えないので明るい色がおすすめです。濃ゆい色にする理由があまりありません。

ペイントジャック採用の遮熱塗料

スレート(コロニアル)

パーフェクトクーラーベスト

下塗りに中空バルーンを配合した特殊塗料を用いた業界最高レベルの遮熱塗料。ラジカルグレード。

金属(ガルバ・トタン)

サーモアイSI

多くの実績のある遮熱塗料。シリコングレード。

近年主流となりつつある遮熱塗装ですがペイントジャックでは通常の塗装と比べて料金が高いのがデメリットではあります。(特にパーフェクトクーラーベストは効果が大きいが作業量が多い)
通常塗装との価格差は25坪の場合は6万円程度。
日陰が少なく、屋根の下にリビングがあるような建物であればオススメします。

遮熱塗装が必要だとお考えであればご希望に応じます。
それでは、よい一日を。


お見積り・工事について分からないことはありませんか?

ライブチャットで質問してみましょう。お困りごとが解決できるかもしれません。

関連記事

最近の記事

  1. 塗装試験板(施工ブログについて)

  2. スレート(コロニアル)の差し替え

  3. 【鹿児島】塗装工事の費用相場

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは