アルミサッシの塗装

建物には、アルミサッシやアルミの飾りなど様々なアルミ材を使用した多くのパーツがあります。

DCP PHOTO

しかし、通常、アルミ部材の塗装は原則行いません。アルマイトの有無を問わず、アルミの表面に空気中の成分が反応し、表面に酸化被膜を形成、塗料の良好な密着を阻害し塗膜剥離が生じるためです。

そのため、アルミを塗装する場合は専用のプライマー(下塗り材)を一度塗装した上で上塗りを行う必要があります。

また、専用プライマーでなくても業者がよく使用する溶剤系エポキシ系の防錆剤で代用することもできます。

よって、アルミ材のアルミサッシも実は塗装しようと思えば出来なくは無いのです。

DCP PHOTO

ではなぜ、塗装を行う業者がいないのか?

それは単純、想定外の剥離リスクや作業コストと、発生する塗装費用との費用対効果が見合わないためです。

専用プライマーを入れたとしても外壁や屋根、鉄部や硬質塩ビ(雨樋など)に塗装した場合の耐久年数に見劣りするし、確実とはいえません。

また、サッシを塗装するとなると作業量がとても多いためコストが増大し、塗装料金に反映されてしまいます。

また弱溶剤系塗料(油性)のツヤ調整品の多くが3分ツヤを下限としているため(耐久年数の観点)仕上がり意匠が読みにくいのも個人的に関係しています。

以上の理由によりアルミサッシの塗装は一般的には行われていないのです。

そんなアルミサッシの塗装ですが需要はかなりあると思いて、現在いくつかのアルミ材の試験材に各種下地処理を行って経過観察中です。これもすぐには結果が出ないしメーカーのような大掛かりな装置も準備出来ないので長い年月が必要ですが結果次第では保証の元施工を行いたいと思っています。

関連記事

鹿児島市/姶良市/霧島市の外壁塗装のことならペイントジャック。

最近の記事

  1. アルミサッシの塗装

  2. 丸缶の横が汚れない注ぎ方★DIY

  3. DIYで塗装。「あっ」付けてしまった。

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは