MORTAR

モルタル外壁は90年代以前に建てられた建物の外壁によく使われた外壁材で、セメントと砂を混練した材料をコテで塗り、塗装で仕上げたものです。重厚な仕上がりで、耐火性に優れますが、クラックが発生しやすく、建築コストが高いため現在では少なくなっています。ペイントジャックでは下地の状態に限らず、防水塗装と呼ばれる膜厚の「ゆずはだ仕上げ」を推奨しています。

A.L.C

ALCとは軽量発泡コンクリートの略で大規模なビルやマンションに用いられることが多いです。戸建住宅で使用するメリットは優れた断熱性と遮音性にあります。しかし、防水性能がシーリング依存のため、劣化が雨漏りに直結します。ALCパネル事態に防水性がなく、塗膜依存です。また、表面の意匠性を高めたPALCと呼ばれる厚型のALCがありますが、塗装においては通常のALCとは区別されます。

ROOF

ここでは、屋根のみの塗装を行った場合の施工事例を掲載しております。
塗膜が劣化すると藻や苔が繁殖し、根を伸ばし、屋根材そのものの劣化を誘引します。スレート屋根の場合はできれば遮熱塗装を行いたいところ。板金屋根の塗膜の劣化はサビの発生に直結するため注意が必要です。※瓦屋根塗装プランでは遮熱塗装プランはありません。また、板金屋根塗装プランでは遮熱塗装プランのみとなっております。

最近の記事

  1. 塗装試験板(施工ブログについて)

  2. スレート(コロニアル)の差し替え

  3. 【鹿児島】塗装工事の費用相場

カラーリングガイド
やすさのひみつ
採用塗料
ドローン調査
ムービージャック
電子契約とは